都市ガス自由化!参入業者ランキング

総合ランキング

京葉ガス
評価★★★★★
ニチガス
評価★★★★☆
関電ガス
評価★★★★☆

都市ガスの事業者のサービスを比較できる

2017年4月から都市ガスが自由化になったことで、消費者は自由に都市ガスの事業者を選択することができるようになっています。今までは都市ガス大手がその地域を独占していましたが、自由化に伴って他の都市ガスの事業を選択できることになり、サービスの多様化が生まれることになります。

各々の都市ガスの事業者ごとにサービス内容や料金が異なってきます。これらを1社ごとに調べていくというのはとても大変な作業となります。そこで、このランキングサイトを使えばその大変な作業を省略することができます。

こちらのランキングサイトでは日本全国の地域ごとに各都市ガスの事業者別に料金やサービス内容をランキングにしています。また、他の事業者に乗り換えた時の料金のシミュレーションもこのサイトから行うことができるので、乗り換えるメリットがあるのかどうか簡単に比較できます。

京葉ガス

電気に次いで都市ガスの全面自由化も始まりました。それぞれの家庭で自由にガス会社を選ぶことができます。多くの場合、電気料金とセットになっているところが多く、光熱費の節約を考えている人には選択肢のひとつとなっているようです。

京葉ガスは千葉県の市川市、松戸市などの全域と船橋市、柏市、習志野市などの一部の地域を供給エリアとするガス会社です。都市ガスの自由化の前に電気の自由化が始まり、京葉ガスでも電気の使用を申し込むことができます。

一般ガス料金に加えて、給湯器やガスの暖房機の使用利用、床暖房の利用などガスの使用状況に応じたお得な料金プランが設けられています。また、年間でより多くガスを使用する場合にもお得になる料金プランもあり、それぞれの状況に応じて申し込むことができます。

ニチガス

サービスを変更するとなると余計な手間がかかってしまって、厄介なイメージがあります。最近では、都市ガスの自由化が進んでいますが、ニチガスは書類上の手続きをすれば、すぐにプランを変えることができます。ガスの品質やガス管は変わらないので簡単です。

ガス漏れをしたときは、深夜でも駆け付けて対応してくれます。インターネットで申し込むときは、申し込みフォームから連絡をするので、電話をかけたりする必要はありません。ニチガスは安定的にガスを供給しているので、トラブルは起きにくいです。

今後、エネルギー自由化に向けて進化を続けていきます。業界でもトップレベルの保安体制ということもあり、リアルタイムに情報を正確に必要部署や必要箇所に同期されることで、非常に高度な保安体制を構築しているのでこれからが楽しみです。

関電ガス

電力の自由化に続いて最近は都市ガスの販売も自由化される様になっています。そして関西地区においてガス会社の変更を検討するなら関電ガスの利用がお勧めです。関電ガスに切替しますと従来よりもガス料金をお得に出来ます。

また関電ガスへの切替の際には、変更の為の工事やガス機器の取り換えなども不要ですし、従来のガス会社への解約手続きも行う必要が有りません。そして現在使用しているガス機器の取り換えや変更なども不要で継続して利用出来ます。

そして関電ガスではガス機器の無料調査を始めとして、いざという時には従来と同じガス会社が対応を行います。関電ガスの利用申込みは専用サイトで24時間受付しています。

中部電力

何年か前に電力の自由化がスタートしまして、電力会社を変更したり或いは現行の電力会社で料金メニューをお得なコースに変更するなどして対応された方も多く見えます。そして今度は都市ガスの自由化がスターとしています。

例えば中部電力においても都市ガスの供給を取扱う様になっており、現在の都市ガス供給会社との料金のお得さをシミュレーションを行って確認出来ます。また都市ガスの切替えはネットで24時間受付していますし、フリーコールで平日と土曜日に9時から実施しています。

そしてガス会社の切替の際には、現在の会社への変更手続きを中部電力が行ってくれますし、またガス供給に際して何か問題が発生しましたら手厚いサポートを行ってくれますので安心です。

九州電力

日本全体では、都市ガスの原料であるLNGの輸入量はガス会社より、発電に使う電力会社の方が圧倒的に多いです。スケールメリットにより安く仕入れる事が出来るので、九州電力もこれまで沢山のLNGを輸入し、ガス会社に卸していました。

今回の自由化により、ガス会社に卸すだけでなく、既存のガス会社が持つガス配管を使って、直接消費者に販売する事が可能となりました。ガス会社と同じ品質の九州電力のガスが同じ配管で混ざって提供されますので、消費者に届くガスはこれまでと全く同じ品質です。

九州はガス代が高い事で有名で、転勤で引っ越してきてびっくりしたという話を良く耳にします。今回の自由化により、今まで選ぶ事が出来なかったガス会社を選べるようになりました。これは歓迎すべき事ですよね。

河原実業

ガスの自由化により、河原実業でも都市ガスを始めました。河原実業のガスの料金プランはとってもお得なので一年間通算すると大幅に料金を安く抑えることができます。いろいろな用途にあわせてプランがあるので魅力的です。

さらにここ河原実業でガスの契約をすると、ガス器具を安く購入することができます。このサービスは河原実業でガスを契約しているご家庭だけの特典なのでとてもお得です。ガス料金も安くなってガス器具も安くなるのだから一石二鳥です。

河原実業でガスを契約するときの変更で面倒なことはひとつもありません。工事も基本的に必要ないし、工事費用もかかりません。さらにガスの品質も変わらず、今までどおりガスを利用することができます。簡単に変更が可能です。

都市ガスの自由化でより良いサービスをよりお得に

2017年4月から都市ガスの自由化が始まりました。これまでは地域によって使う会社が決まっていましたが、それぞれの家庭が好きなガス会社を選べるようになりました。これによってガス会社同士でサービス面の競争が起き、今までになかったサービスが提供されたり、技術革新のスピードもはやくなっていくことが期待できます。また、価格の競争も起き、ガス料金が今までより安くなるかもしれません。まず気になることは、どこのガス会社を選べばよりガス代が安くなるのかということです。
ガス会社を選ぶには、住んでいる地域に新しいガス会社があるのかを調べます。新しいガス会社がない場合は切り替えをあきらめる必要があります。新しいガス会社がある場合は、今契約しているガス会社と、新しいガス会社の料金のプランを比べます。今契約しているガス会社で割引プランが適用されている場合は、乗り換えることによって今までよりガス代が高くなってしまうことがあるので注意します。都市ガスの自由化でより良い、お得な生活を目指すために、まずは住んでいる地域のガス会社のことを調べてみたり、月々のガスの使用量や、料金プランを調べたりすることがすすめられます。


都市ガスの自由化で適正な価格で提供

電気やガスを利用するとき、かつてはサービスを選ぶことができませんでした。その地域で提供される業者が決まっているため、その業者の決めるサービス、価格に従うしかありません。その価格が割高でも、それを利用するしかありませんでした。ガスの場合、一応プロパンガスなら選べます。しかし、都市ガスよりも価格は高く、あえて選ぶほどのメリットはありませんでした。ようやく自由化になり、複数の業者、価格から選べるようになりました。
これまで提供してきた業者も対応を変化させています。まずは価格の適正化があります。これまでよりも安く利用できるケースが増えそうです。一社の場合、一定の規制があるもののほぼその企業の自由に決めていましたが、複数の業者がいれば高ければ他のサービスに乗り換えられます。価格競争により、より安くなる可能性が出てきました。


都市ガスの自由化で参入する可能性のある会社

発電の場合、個人でも発電できるくらいなので、いろいろな業者の参入の可能性があります。実際、携帯電話の会社であったり、小さな会社などが参入をしています。では、都市ガスの自由化が始まることでどんな会社が参入をしてくるかになります。
ガスの場合、どの会社も自由にガスを作れるわけではありません。ガスは日本で採取されるのではなく輸入によって購入する必要があります。さらにはガスを一定量貯蔵する必要があります。それらの設備を持っている会社でないと参入することは難しいでしょう。大手電力会社は、火力発電のためにガスを自社で輸入し貯蔵をしています。一定の設備があるので、参入する可能性があります。その他、一般的なガスを販売している会社や、石油等の燃料を販売している会社が参入をする可能性があります。北海道など燃料が欠かせない地域には多くの会社があります。

カテゴリ

PAGE TOP