都市ガス自由化!参入業者ランキング

home > 都市ガス情報 > 都市ガスが自由化になって考えるポイント

都市ガスが自由化になって考えるポイント

都市ガスが自由化になったのは非常に利用者としては良い部分が多く利用したいと考えている人は多いです。
ただ、すぐに変えてしまうと失敗してしまう場合もあるので、きちんと検討してから決めるようにしてください。
最も気になるガス代の節約に繋がるのかどうかという部分ですが、これは、ポイントがあります。
それは、電気とガスをセットで契約することです。
セット割というプランが様々な会社で提供されていて、光熱費の節約になるほかにも明細の一元化ができるので管理が簡単になります。
しかし、料金体系が複雑になり、必ず安くなるという保証はないので、自分の家の使用の仕方などをきちんと確認してから決めるようにしてください。
そのため現在のガス使用量や契約内容の確認はしておきます。
毎月の使用量や料金がわかれば比較もしやすくなり、検討しやすいです。



都市ガスは自由化でどんどん安くなるか

ガスは生活に欠かせないエネルギーと言えるでしょう。
各家庭でも必要ですし、工場や発電所などでも利用されています。
これまでは、各家庭における都市ガスは地域のガス会社としか契約ができませんでした。
その会社の中でしかプランが選べませんでした。
自由化によって、複数の会社から選ぶことができます。
それぞれの会社がプランを用意しているので、その中から各家庭に合ったもの、そしてもっとも安いプランを選ぶようにすると良いでしょう。
ガス料金に関しては、自由料金制度なので、各社が自由に価格を決めています。
これまでは、お客さんが決まっていましたから、利益がうまく出るように価格が決められていました。
これからは、競争があるのでお客さんの取り合いになります。
価格競争がどんどん進むことにより下がる可能性があります。
そのためには、利用者がしっかり会社を選ぶ必要があります。



都市ガスと電気が自由化されての選び方

エネルギー関係のインフラとして、ガスと電気があります。
かつては、それぞれの地域で供給する会社が決まっていました。
それ以外の会社を選ぶことはできませんでした。
それが2016年にまず電力会社の選択ができるようになりました。
ガス会社などと契約ができるようになりました。
そして2017年からは都市ガスの自由化が始まりました。
今度は逆に電力会社からガスの契約ができるようになりまいた。
電気とガスを同じ会社で契約して利用することができます。
もちろん別々の会社でも構いません。
従来通りの契約を続けることも問題ありません。
せっかく選べるのですから、まずは比較をしてみましょう。
これまで通りだとどうか、電力会社を変えるとどうなるか、ガス会社を変えるとどうなるかです。
すると金額的な差が出てきます。
その差が大きい場合は、積極的に変更してみましょう。
変更しても戻すことも可能です。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP