都市ガス自由化!参入業者ランキング

home > 都市ガス情報 > 都市ガスの小売自由化のメリットとデメリット

都市ガスの小売自由化のメリットとデメリット

2017年4月から始まった都市ガス小売り自由化のメリットとデメリットを取り上げてみます。
小売り自由化のメリットこれまでかかったコストと利益を上乗せして価格を決定(総括原価方式)していましたが、新規参入業者との価格の競争が行われることによってガス価格が値下げされることが期待されます。
また、価格だけの競争には限界があります。
そこで付加価値をつけることで顧客を確保しようとサービス面での向上も期待できます。
さらにガスの導管網の整備がすすめられますので、これにより今までプロパンガスしか選択肢がなかった人も、都市ガスを使えるようになるかもしれません。
小売り自由化のデメリット業者間での競争が導入されることで、競争に破れた経営体力のない業者が淘汰されてしまい、その結果として経営体力がある大手業者への寡占が進み、以前に比べて業者が減ってしまう懸念があります。
以上のようなメリット、デメリットがありますが日本での制度設計は上記を踏まえて行われましたので、消費者にとって良い流れになることを期待しています。



都市ガスが自由化することでメリット

これまでガス会社と契約する際はその地域にあるガス会社のみでした。
ただ2017年の4月から開始された都市ガス小売自由化によって、自分が住み地域以外のガス会社とも契約することができるようになりました。
別のガス会社と契約できる選択肢を得たことによって、以前よりも安い料金でガスを使用できる可能性があります。
携帯会社で携帯料金が違う用意にガス会社によってもガス料金は全然違います。
なので自分が住んでいる地域のガス会社よりも安い料金で契約できるガス会社と契約すれば料金は安くなります。
更に自由化により、ガス利用者は様々な会社と契約できるようになったので、各ガス会社の間で料金の値下げやサービスの向上などの競争が始まります。
なので今までよりもお得にガスを使用することができます。
既に各地で各ガス会社で値下げ始まるなど、自由化の影響はでています。



都市ガスの自由化におけるメリット

都市ガスの自由化を導入することで家族の笑顔が増えるようになります。
なぜなら、家族で楽しい時間をたくさん共有することができるようになるからです。
都市ガスの自由化でキッチンの火力が高まります。
火力アップすることにより、短時間で食材に火が通るようになります。
そして、食材の鮮度を残したまま料理を仕上げることにもつながります。
そのため、全体的に料理のグレードがあがります。
家族においしい料理を振る舞うことができるようになり、自然と会話も増えていきます。
家族の輪が強固になり、団結力がアップします。
幸せが加速度的に増えていくケースもあります。
都市ガスの自由化にすることでたくさんのメリットがあります。
家庭の居心地の良さが高まり、お互いがお互いを支え合うことができる素晴らしい存在になることができます。
生き生きとした家庭になります。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP