都市ガス自由化!参入業者ランキング

home > 都市ガス情報 > 都市ガスの自由化でガスの供給地域が広まる

都市ガスの自由化でガスの供給地域が広まる

各世帯に供給されているインフラとして、電気、ガス、水道、電話などの通信があります。
電気や電話は線を通すだけなので比較的簡単に行えます。
災害時の復旧も早いです。
水道とガスは、それぞれ地中の管によって供給されます。
各家庭に供給するには、管が必要になります。
水道に関しては、かなりの普及率があります。
そのため、へき地などでも一定の水道を受けることができます。
ガスの場合は、プロパンガスの利用もあることから、へき地などには設置されない場合がありました。
都市ガスを利用したくても利用できない家庭があります。
自由化によって行われることとして、ガス管がより広い地域に設置されることです。
これまで設置されていなかったところにも設置されるようになり、それらの家庭でも利用できるようになります。
価格的にはプロパンガスよりも安くなるとされています。



都市ガスの自由化では各社の供給力を見る

日本では天然ガスの採掘は行っていません。
ほぼ輸入に頼っている状態とされています。
ではどこが輸入をしているかです。
全国にガス会社があるので、まずそれらの会社が輸入をして、必要な会社に供給をしているのかです。
電力会社などはたくさん買ってくれそうです。
電力会社は、火力発電の時にガスを使います。
とてつもない量です。
それをガス会社から受けるとかなりコストが上がります。
そのため、多くは直接海外から輸入をしています。
つまり、ガスの輸入をしているのは、今あるガス会社だけではありません。
その他にも輸入をしている会社があります。
都市ガスの自由化では、電力会社も参入するとされています。
それぞれの会社が同じ地域から輸入をすれば、原価もそれほど変わりません。
でも別の地域から輸入すると会社によって原価が変わるようになります。
その時は、変更をするチャンスになるかもしれません。



都市ガスの自由化で都市部と地方とで逆転する

一般的に物価が高いのは都市部とされています。
土地などは多くの人が利用するので高めに取引されます。
その他のものも、必要とする人がいるので高くなります。
同じものを地方で購入しようとすると、かなり安く買えるケースもあります。
地方から都市部に来た人はびっくりすることもあります。
都市ガスの自由化が進むと、あることが起こるとされています。
それは価格競争による値下げ合戦です。
都市部は参入する会社が幾つかあるので、かなり下がる可能性もあります。
では地方はどうかです。
場所によっては、従来の会社からしか供給されないこともあります。
本来は、都市部が物価が上がって地方は低いとされていますが、ガスに関しては都市部の方が安くなることもあります。
都市部から地方に引越をしたら、ガス料金が高くてびっくりするなどが生じるかもしれません。
整備なども、都市部はどんどん進むが地方は進みにくい可能性があります。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP