都市ガス自由化!参入業者ランキング

home > 都市ガス情報 > 都市ガスの自由化で選べる会社を探す

都市ガスの自由化で選べる会社を探す

電話会社が民営化されたとき、同時にサービスの自由化も始まりました。
同時期に電話会社が登場して、安いプランなどを出していました。
ただ、それらに積極的に変更する家庭はあまりありませんでした。
会社など、電話料金がそれなりにするところで変更する例が一部ありました。
都市ガスが自由化されることで、いろいろな会社から選べるようになります。
では、どの会社を利用することができるかです。
まずは、今供給している会社があります。
そして、新たに参入する会社があります。
新たに参入する会社のことを知らないといけないでしょう。
インターネットのサイトによっては、住所を入力すると、その地域で利用できるガス会社のことが分かる場合があります。
沢山出てくることもあるでしょうし、従来の会社からしか受けられないこともあります。
ガスの場合はガス貯蓄するタンクなどが必要なので、小規模での参入はしにくいです。



都市ガスの自由化で安かろう悪かろうにならないか

一般的な商品を選んだりサービスを選ぶとき、安かろう、悪かろうと言われることがあります。
安い場合は品質が落ちるとされています。
もちろんすべてのケースで言われているわけではありませんが、将来のことも考えて安胃からだけで選ぶのはよくないでしょう。
都市ガスの自由化が進むことによって、これからどんどん安く提供する会社が出てくるかもしれません。
安くなったのはいいが、その分ガスの出が悪くなるとか、燃焼の効率が悪くなると意味がありません。
いい品質のものを利用したいでしょう。
自由化の仕組みは、これまで通りガスを利用できるようになっています。
これは、ガス管を変えなくてよいことからわかるでしょう。
供給されるガスは、これまでと同じガスになります。
各会社が送信時にガスをまとめているので、契約上でしかガス会社の違いはありません。



都市ガスの自由化でガス器具の変更はいるか

ガスを利用するとき、単に出てくるガスのみを使うことはありません。
使うとしたらかなり危険です。
ガスは燃焼してやっと意味のある使い方ができます。
料理をするときであったり、お湯を沸かすときに使います。
その時はガス器具を使うことになります。
都市ガスの自由化によってガス会社を変更した時、それまで使っていたガス器具は変更する必要があるかです。
プロパンと都市ガスではガスの性質が異なるので、同じ器具などは使えません。
又、都市ガス同士でも地域によっては異なる器具を使わないといけない場合があります。
これまでとガスの中身は一緒なので、ガス器具を変更する必要はありません。
中には、ガス会社から供給を受けている器具もあるでしょう。
それも同じように使うことができます。
ただ、器具のリースなどをしているときには、契約変更によって契約が変わることがあるかもしれません。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP