都市ガス自由化!参入業者ランキング

home > 都市ガス情報 > 都市ガス自由化とは

都市ガス自由化とは

 今まで都市ガス料金につきましては、費やした費用を積み上げて、その上ガス会社の収益をプラスして決めていた総括原価方式を採用していました。料金確定には経産省の認可が必要不可欠でしたが、要した費用をほとんどそっくりそのままクライアントに転嫁することができるとなりますと費用を下げる取り組みが疎かになる可能性があったわけです。ガス自由化した後は料金が高いならクライアントに逃げられますから、不必要な費用を掛けられなります。ガス会社が意欲的に費用節減に力を入れることで、料金のディスカウントが見込めるというわけです。自由化されてディスカウントを実施する会社が現れるなど価格競争はスタートしています。料金のみの競争には限度がありますので、サービスの競争も生じます。今までは予測出来なかった秀逸なサービスも、出てくるかもしれません。

 一層適切なサービスを供するため、技術の発達のスピード感も早まっていくと考えられます。競争を介して画期的な供給インフラが考えられることも望めます。ガス自由化にともなって、導管網整備に関しても進められるでしょう。導管網は、シンプルに言うとガス管ということを意味します。都市ガスの浸透率はおおむね半分ですが、ガス管そのものが家まで到達していないせいで必要に迫られてプロパンガスを活用している家屋も多いといえます。たくさんの家で、リーズナブルな都市ガスを利用することができるようになるかも知れません。それに加えて、都市と都市の協働も進化を遂げます。今は、営業地域が接するガス会社間でもガス網が結びついていないことが大半です。しかしながら、この状態では自由化のベネフィットが行かないので、ガス会社間でリンクする流れがスピードアップしていきます。

 ガス自由化の留意すべき点としては、ひとつの例として保安に関する責任の所在についての問題があります。今は都市ガス会社が保安に関しての責務を担っているわけですが、ガス導管部門そのものが分割された場合、ガス導管事業所が請け負う事になるのかあるいは小売り会社か、明らかな線引きがされていないのが不安要素となっています。そして、これから先自由化が進行したらユーザーの意見が企業サイドに対して映し出されやすくなることは間違いがなく、ガス料金が低価格になって、ユーザーには利点が多いガス自由化が来ます。都市ガス自由化によってガス管が整えられ都市ガスを活用することができる地域が拡大する可能性が考えられます。プロパンガスに関しては都市ガスに比べて価格が高いので、選択の余地なくプロパンガスを利用していた家が都市ガスを活用することが可能です。

カテゴリ

PAGE TOP