都市ガス自由化!参入業者ランキング

home > 都市ガス情報 > 都市ガス自由化のメリット

都市ガス自由化のメリット

 これまで電力と同じく地域に確約されたガス会社に契約の締結をして、ガスを利用していました。都市ガス自由化した後は新たに参入するガス会社と自由自在に取り引きできるようになります。自由にする背景にあるのはガス利用料のプライスダウン、あるいはサービス向上を促進するというのが主な理由でしょう。このトレンドは電力とほぼ同じで、電力、あるいはガスというライフラインに関してどの専門業者で契約を締結するべきか、私達に選択肢が供与されます。解禁によってガス業界に対しての新規参加が認められると、一斉に契約を結ぶ業者のバリエーションが拡大します。自明のことですがガス会社が新たに参加するからと言って、新たな形でガス管をセッティングする必要はありません。もうすでにセッティングしてあるガス管を通して利用することができます。

 電力に続いてガス自由化は時代の波に見合った動きとも言えます。メリットとして、まず第一にサービス向上を挙げることが出来ます。新たに参入する業者が異業種を通じても入り込んでくるので、個々の会社のカラーを前面に打ち出したオプションを提示してくるでしょう。ガス料金のリーズナブルさだけでガス会社を選択するのではなく個々のサービスにも照準を合わせておくことが重要です。また、意外なことに今現在の都市ガスの浸透率は2分の1程度に留まっており、ガス管そのものが通ってない世帯につきましてはいわゆるプロパンガスを活用しているというのが現実の姿です。プロパンガスに関しては都市ガスと比べても少し値段が高いこともあって、仕方無く利用しているという現在の状況があります。そのタイミングで、ガス管が整備されることが期待されています。

 ガス自由化の最も大きなメリットは、ガス費用に関する事と言えます。これまでは、電気代と同じくいわゆる総括原価主義と称されて、ガス会社の収益そのものが保証されることを前提条件として、ガス料金を決定していたわけです。その制約自体が解消されることを通して、ガス料金が需給関係のバランス状態の中に整えられます。結局のところプライスダウンが期待できます。実行される主だった理由としてはガス料金のディスカウントがあります。現実、日本国内のガス料金につきましては、米国や英国などと比較しても相対的に高く、高止まりしているガスコストを軽減させようという意図があります。自由にすれば、ガスの小売業者同士で価格面の競争が機能しガス料金を一定レベルまで制御することが期待されます。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP