都市ガス自由化!参入業者ランキング

home > 都市ガス情報 > 電力料金同様に値下げの期待される都市ガスの自由化

電力料金同様に値下げの期待される都市ガスの自由化

電力自由化に遅れること1年、いよいよ、今年の4月から都市ガスの自由化が始まりました。
利用者としては生活する上でなくてはならないインフラとはいえ、今までは供給源の殆どを海外に依存しているため、欧米先進国の家庭と比べてある程度割高でも甘受してきました。
しかしながら、バブル崩壊以後の殆ど景気回復感を味わえない生活を続けているうちに気づけば日常生活で消費する生鮮食料品や日用品が値上がり傾向となってきて、家計には余裕がなくなっています。
従って、昨年の電力自由化で自宅の使用パターンに合う料金プランを選択することで電気料金の値下げを受けられて喜んでいますが、都市ガス料金も同様にして値下げが期待されています。
今後は、電力会社、ガス会社の他に他業界からも都市ガス販売に参入する企業が増えてきて、販売する企業のユーザーの囲い込み合戦でセット割引等の値下げが期待できそうです。
但し、原料であるLNGが全て、海外からの輸入に頼る状態に変化があるわけでありません。
国際的な商品としての相場変動の他に為替相場も加わって、家庭で購入する段階の料金が影響を受けるわけですから、安心してばかりいられません。



都市ガスの自由化でガス会社を選ぶ

料理を作るとき、お風呂のお湯を沸かすときなどにガスを使います。
各家庭で種類が異なり、プロパンガスを使っている家庭もあるでしょう。
家の裏手などにプロパンガスの容器があれば、そちらの家ではプロパンガスです。
地域によって特にどの会社のガスを使わないといけないなどの取り決めはありません。
多くの家庭では、都市ガスを利用しています。
ガスの容器でガスを供給してもらうのではなく、ガス管を通じてガス会社から供給を受けます。
以前は、地域によって利用できる会社が決められていました。
ですから、安い会社などの選択ができませんでした。
2017年から、都市ガスにおいても自由化が始まりました。
これによって、ガス会社が選べる場合があります。
複数の会社があれば、当然ながらそれぞれの会社で別のプランを用意します。
全く料金が同じになることはありません。
お得になる会社を選べば、コストを下げることができます。



都市ガスの自由化に伴って起きること

最近ではよく都市ガスの自由化について言われています。
しかし、実際そうなったことによってどのような事業者が出てくるのか、プロパンガスの事業者はどうしていくのかという点はあまり知られていません。
まず、自由化になったら、ガス会社だけではなくて電力会社や携帯電話会社、商社など様々な事業者が参入します。
そのため、もともと供給していたガス会社は顧客を奪われてしまう立場にいるので、取り戻すためにはサービス重視のプランを設定していく必要があります。
これは、利用者側としては選択の自由とともに大きなメリットとなります。
次にプロパンガスの事業者は今後、減少傾向にならざるを得ないと考えられています。
しかし、長期的な目で見て、対抗するサービスを打ち立てる必要性や共存する方法を模索していく必要が出てくるのは容易に想像がつきます。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP